きっとそれは奇跡のような

ジャニーズは沼だらけ

映画「金メダル男」を観に行ってきました

22日に公開された映画「金メダル男」を今日やっと観に行ってきた。脚本・監督をウッチャンナンチャン内村光良さんがなさり、内村さんご自身とHey!Say!JUMPの知念侑李さんがW主演を務めるこの映画。本当は公開初日に鑑賞したかったのだが、あいにく予定が詰まっており二日後の今日になってしまった。
知念くんにとっては初の主演映画。私はまるで参観日の親の気持ちで浮き足立ちながら家を出た。私は基本映画はひとりで観るのが好きなので、例のごとく今回もひとりで映画館へと向かった。事前に(と言ってもその日の朝だが)座席も予約した。女一人でど真ん中に。我ながら痛々しいヲタクだなと思うが、折角だから一番良いポジションで知念くんを観たいと思って何が悪い。
映画が始まるまで本屋で適当に時間を潰し、入場開始とともに館内へ入場した。平日の午前中だったので人も少なく、人混みが苦手な私は落ち着いて映画を鑑賞できるとほっとした。
ドキドキしながら上映開始を待ち、スクリーンに静かに文字が映された時は「始まった!」と心の中ではしゃいだ。ここが興奮のピークと言っても過言ではないほどドキドキしていた。


学生時代の秋田泉一を演じた知念くんは、終始とにかく可愛かった。何したって可愛い。途中、何度も「おい💢うちの可愛いちねちゃんに何やってくれてんだ💢💢」とモンペのようなクレームをつけそうになったが、それもどうにか抑えて、スクリーンに映し出される知念くんの豊かな表情を1秒たりとも見逃すまいと目を凝らしながら作品を楽しんだ。
スプラウトを観た時も感じたが、私はどうやら男の子な知念くんが大好物らしい。見た目は愛くるしい小型犬のような知念くんだが、ふとした時に22歳の男を感じることがある。それもこれも私が知念くんを勝手にリア恋枠にしてるからなのかもしれないが、純粋に一人の男性としてドキッとするのは自担の伊野尾くんよりも知念くんのほうが多い。映画の中で、思春期に入った泉一が女の子の水着姿に惹かれたり土屋太鳳ちゃん演じる横井さんに恋に落ちるシーンでも、例え演技でも男の表情を見せた知念くんにとてもときめいた。
それと、劇中に知念くんがダンスを踊るシーンが何回かあった。しなやかで美しいダンスもコミカルなダンスも、どちらもそつなくこなす知念くんは流石の一言だった。抜群の運動神経も垣間見れて、惚れ惚れ。いつか舞台やってくれないかなという密かな願いがメラメラと燃え上がった。

この映画が面白いポイントとして、一つはやはり豪華なキャストの方々が多く出演している点じゃないだろうか。お笑い芸人から大物俳優まで、バラエティ豊かなキャストが出演しているのだが、「えっ!?これだけ!?」と拍子抜けするほど勿体無い使い方をする。そのたったワンシーンの為だけにそれだけの人がこの映画に協力してくれたのは、恐らく監督が内村さんだからなんだろう。いやあ、豪華だった。感激。
コメディ映画はあまり観ないジャンルだったので、どうなんだろうって感じだったのだが普通に楽しめた。がはがは笑う面白さではなく、くすっとくるような滑稽さが良かった。上映中常にニヤついていた私は、はたから見たら相当気持ち悪かっただろう。人が少なくて本当に助かった。
何度も挫折しては性懲りもなく再び立ち上がり続ける泉一の人生は、世間からは「馬鹿馬鹿しい」と笑われそうなものだが、未開の地を切り開き続けることは誰しも出来ることではない。50歳を超えても夢を持つことのできる泉一は、誰よりも眩しくかっこいい人間だと思った。ああいう人が偉業を成し遂げるのだ。度胸のない自分には到底無理そうだ。

エンドロール中は、知念くんが色んなメディアに出て、喋りが得意ではないと言いながらも頑張って宣伝してきた作品がこうやって無事に公開日を迎えることができたことに、いちヲタクの分際で「良かった良かった☺️」と感慨深い思いでいっぱいだった。最初に流れてきた”知念侑李”の文字が誇らしい。上映後はしばらくその余韻に浸っていた。満足。

2017年もHey!Say!JUMPは怒涛の映画ラッシュなので、この高揚感が来年には何度も訪れるのかと思うと鳥肌が立ちそうだ。伊野尾くんと有岡くんのスクリーンデビューもさらに待ち遠しくなった。が、有岡くんが出演する「こどもつかい」は映画館で観れるかは微妙なところだ。なぜなら、私はホラー系が大の苦手だから。それまでに耐性をつけておかないといけないのだけど。不安だ。行けなかったらごめんな、有岡くん。

来年には映画「忍びの国」の公開が控えてる知念くん。憧れの大野くんとの初共演で、キャスト解禁時のコメントからはその喜びっぷりがひしひしと伝わってきた。ヲタクも大いに嬉しい。必ず観に行く。今度こそ公開日に。

知念くんの役者としての活躍をこれからも楽しみにしております。


映画はやっぱり映画館で見るに限るな〜。

アイドルとスキャンダル

自担のスキャンダルを経験したヲタクは恐らく数えきれないほどいると思う。

9月26日、自担である伊野尾くんが某週刊誌にスクープされた。詳細は調べればいくらでもでてくるので各自でお願いしたい。(ちなみに私はあまり詳しくは知らない笑)
私はTwitterを見てこのことを知ったのだが、さほどショックは受けなかった。「あらら〜」と思いながら笑って見ていたぐらいだ。伊野尾くんのファンの方の中には泣きたくなるくらい辛く感じてる人もいたし、私のようにあっけらかんとしている人もいた。受け止め方は人それぞれだった。そこに伊野尾くんへの想いの差などないと個人的には思う。そもそも「伊野尾くんが好き」というのにも色んな形があるのだから当然だ。私はどちらの気持ちにも大いに共感できる。
私も最初からこんな感じだったわけではない。JUMPちゃんのスキャンダルは初めましてだけれど、それまでも一応ジャニヲタだったし自担グループスキャンダルもいくつか経験した。数年前の私は自担のスキャンダルにひどくショックを受けていた。めちゃくちゃ泣いたし、彼らの姿を見るたびにそのことがちらついて辛くなっていた時期もあった。いつから平気になったのかと聞かれてもはっきりとは分からないのだが、色々あってもいざステージの上で歌って踊る彼らを見たらアイドルっていいなと思うし、ジャニヲタってチョー楽しい!と思えた。

アイドルとファンの関係はそれ以上でもそれ以下でもないと私は思う。アイドル側から与えられる情報を掻き集めて、ファンはひたすらに自分が惚れ込む偶像を創り上げていく。出来るだけ偶像を実像に近づけたいと思っているが、やはりそこには自分の理想も含まれているわけで、実際に理想と異なった情報を不本意に得てしまった時に勝手に傷ついてしまう。馬鹿だなと思う方もいるかもしれないが、それがファンなのである。たとえ泣きながらでも、大好きなアイドルの偶像を日々創り上げるのだ。私はそれがとても素敵だと思う。アイドルとファンの間には見えない境界線が引かれていて、そこを越えてしまうとアイドルがアイドルではなくなりひとりの人間になってしまう。中には自分からその境界線を越えていく人もいるけど、私は絶対に越えたくない。ジャニーズがSNSTwitterもやらないのはその向こう側の世界を見せないようにしてくれてるのだと勝手に解釈している。

今回の件が嫌か嫌じゃないかの二択で問われたら、そりゃあ勿論嫌だ。ファンにとっては知りたくない世界だから。でも私は向こう側の伊野尾くんを好きになったわけではない。私が好きなのはあくまでもアイドルとして存在する伊野尾くんだ。私は伊野尾くんがアイドルとして提供してくれる情報だけを楽しみたい。週刊誌に載っている伊野尾くんの情報は「ああ、そうなのね」と軽く流して、いつも通り私が創り上げた偶像に愛情を注ぐことに熱を入れたい。そしたら何年後かには意外と「そんなことあったね〜」と言えているよ(体験談)。
ただ、これはファンのワガママだけれど、伊野尾くんにはファンにアイドルじゃない自分の姿を見せないような工夫はしてほしいなとは思う。ごめんな。ヲタクは身勝手なんだ。

私は自担に甘々なので「この先もステージに立ち続けてくれたるなら何でもいいよ〜♡」と言ってしまうけど、誰かしらが「こら!ちゃんと気をつけなね!」と叱ってくれてたらいいなと思ってます(人任せ)。

どうも。べりこです。

初めまして。べりこと申します。

この度、諸事情により新しくブログを開設しました。心機一転、のびのびやっていきます。

 

ブログについて

主にはHey! Say! JUMP中心としたジャニ関係のことを記録していきます。たまに暇を持て余してつまらぬことを書くこともあります。

ブログの利用理由は、簡単に言うならばこの先過去を振り返る機会があった時の為の自分用の記録媒体です。あの時自分はどう感じていたのか。世の中はどう動いていたのか。振り返った時に何も分からない覚えてないというのは、この利便性に長けた現代においてはあまりにも虚しすぎる。後になって後悔するのは嫌なので、利用できるものは利用していきます。

補足。ブログ名はニューシングル「Fantastic Time」の歌詞から取ってきました。

 

私について

ここで、簡単な自己紹介を。

もとは嵐が好きでジャニヲタをやってました。中でも櫻井くんが好きでした。その頃はジャニーズが好き、というよりは嵐だけが好きといった感じで他のグループには見向きもせず嵐一筋で生きてきました。

が、そんな私にも2015年についに転機が。4月16日木曜日、私は例のごとく夜7時から放送されるVS嵐を見ていました。勿論、目的は嵐。その日の対戦チームは「戦う!書店ガールチーム」。フジテレビ系で放送されていたAKB48渡辺麻友さん主演の春クールのドラマです。正直対戦チームには全くと言っていいほど関心を持っていなかった私。番組が始まり、個人的に番組一番の楽しみであったオープニングトークを終えると対戦チームの登場。

そこにいたんですよ、彼が!!!!

そうです、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧くん。友人がJUMP担だったこともあり、Hey! Say! JUMPもメンバー全員の名前も知っていましたが、唯一顔を認知してなかったのが伊野尾くんでした。「名前は知ってるけど顔は…」状態だった。そんな私が伊野尾くんと初めましてした時の感想は

「え!めっちゃ好みの顔なんですけど!!」

軽い。すごく軽い。ミーハーな私。

JUMPにはこんな可愛い子がいたのか〜と驚きつつも、この時はそこまで深く興味は持たなかった。声が特徴的だということと翔さんがどうやら気に入ったらしいという情報だけ取得。あと、運動は出来ない系ジャニーズだということも。

月日は流れ、ワクワク学校。残念ながら参戦出来なかった私は大人しくレポを待ってました。流れて来るレポを読んで、どうやら伊野尾くんは嵐に(特に潤くん翔さんにのちゃんあたり)気に入られてるらしいことを把握。嵐が好きなものは私も好き!な私、より伊野尾くんが好きになる。(単純)ちなみにこの時の私は後に伊野尾くんと一番関わりを持つようになるのが相葉くんだとは思いもしなかった。やばい、わたし今予測不可能な未来にいるぞ。

 そして運命の日。7月4日の土曜日、日本テレビ系で放送された「THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ 2015」。これも嵐がお目当てで見てました。でも、伊野尾くんの顔が好きだった私は、またもやミーハー気分でHey! Say! JUMPもついでに鑑賞。曲目はRWMとキラキラ光れでした。パフォーマンスを見た私。

「!?!?!?!?!?」

 今でもよく見返すのだが、RWMの「恐れるものなんてな〜い♪」の伊野尾くん。一言で言うと、やばい。それまで私は、伊野尾くんはちょっとおちゃらけたふわふわ系だと思ってた。ちがった。全然違った。いや、顔面が馬鹿みたいに可愛いのは事実なんだけど。控えめに言ってめちゃくちゃカッコいい。

その日から伊野尾くんがどうしようもなく気になってしまってネットで検索しまくる日々が続き、黒髪時代の伊野尾くんがドンピシャだったり、色んな記事やブログを読み本当は物凄く頭の良い方だと知ったり、知れば知るほど沼にズブズブズブとはまっていきました。いかん、いかんぞ。これは本格的に好きになっちゃうやつ!と知る行為を自粛しようとするも止まらず。久しく買っていなかったドル誌を買い出したり。CDショップに行き、JUMPの曲を集めだしたり。実はHey! Say! JUMPは天使の集まりだったと分かる頃にはすっかりヲタクになってました。(経緯が雑。いつかまたちゃんと書く)

だからと言って嵐に冷めたわけでもなく、恐縮ながら掛け持ちしてるヲタクです。上手く両立できるタイプでもないので、今はJUMPを中心にヲタ活してます。楽しいよ!

ちなみに好きな食べ物はイチゴです。

 

最後に

超ド新規な伊野尾担ですが。これからのJUMPちゃんの活躍を一瞬たりとも見逃さぬように、ジャニヲタを楽しみたいと思っている所存です。ブログは気まぐれで更新します。更新したいと思った時にします。ええ、自由人ですよ。では締めくくりはこれで。

ジャニヲタ最高ー!!!!